キュリラコラム

  • サジー

キュリラのサジージュースを安心してお飲みいただくために

   点線

キュリラの願いは、製品をお使いいただくみなさまに、健康をお届けすること。

つまり、安心して飲み続けられることが何よりも大切だと考えています。

そこでキュリラは、製品の品質・製造・安全における管理を徹底しています。

1:品質管理

キュリラのサジー原料は、複数の国からオーガニック(有機)承認されたものだけを使用しています。

有機JAS(日本)

有機JAS(日本)

多年生作物は過去3年間以上、野菜や米なら過去2年間以上、農薬や化学肥料を全く使っていない農地で栽培するなど、有機JAS規格を満たした農産物・加工食品であることの証明です。

キュリラは、有機JASの基準をクリアしたサジー原料だけをサジー製品へと加工して販売しています。

有機NOP (アメリカ)

有機NOP(米国)

NOPとは、National Organic Program(国家有機プログラム)の略称で、2002年10月にスタートした米国農務省(USDA)の定める米国統一のオーガニック基準です。

日本の「有機JAS」に相当し、アメリカで“オーガニック”と表示するためには必ず必要となる有機認証制度。

この基準にもキュリラのサジー原料はクリアしています。

有機EU (ヨーロッパ)

有機EU(欧州)

1991年のEU(欧州連合)委員会で 基準が制定され、1993年1月よりスタートしたEUによるオーガニック認定制度です。

有機EUも日本の「有機JAS」に相当するもので、EU加盟国の厳しい基準に満たした製品に対してのみ付与される有機認証制度。

この基準にもキュリラのサジー原料はクリアしています。

2:製造

キュリラのサジー製品は、加工工場の衛生管理が徹底されていること、また、生産から販売までの過程において安全な食品であることの証明を取得しています。

HACCP(衛生管理)

HACCP

HACCPとは、Hazard Analysis Critical Control Point(危害分析重要管理点)の略称で、食品衛生管理のための方式を意味します。

また、HACCPは、国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機構(WHO)の合同機関である食品規格(Codex)委員会によって提唱された、国際的に認められたルールでもあります。

キュリラのサジー製品は、このHACCP方式に則って管理しています。

ISO22000(食品安全管理)

ISO22000

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、そのなかでも22000番は、安全な食品を消費者に届けるための管理制度を意味します。

食品の安全について、品質・製造環境・社内体制の観点からマネジメントし、安全を脅かすリスクを未然に防ぐ取り組みを行います。

キュリラのサジー製品は、ISO22000の管理の元みなさまへ提供しています。

3:安全管理

キュリラの製品をさらに安心して飲み続けられるように、各規格の認証取得にプラスして、残留農薬検査や放射能検査も実施

また、清涼飲料水を製造する場合に必須となる規格試験も行っています。

残留農薬・放射能検査(日本)

放射能検査・残留農薬検査(日本)

残留農薬検査は、収穫・出荷の際に製品や原料に含まれる農薬の残量基準に適合しているかを判断する検査のことです。

キュリラのサジージュースは、すべての検査項目において「農薬不検出」になっています。

また、放射線検査についても、放射性物質(ヨウ素131・セシウム134・セシウム137)の値は基準値の範囲内で、安全であることが確認されています。

清涼飲料水の規格試験(日本)

清涼飲料水

キュリラのサジージュースは、食品衛生法が定める清涼飲料水の規格基準試験を、定期的に行っています。

混濁、沈殿物・異物、スズ、ヒ素、鉛は基準値の範囲内、大腸菌群は陰性と、清涼飲料水として安全であることが認められています。

おすすめ記事

TOPへ戻る