証明書一覧

安心して皆さまのもとへお届けするために。
キュリラでは、品質・製造・安全においての認証取得や定期検査を実施しています。

品 質

キュリラで使用しているサジー原料は、日本・アメリカ・ヨーロッパの3か国でオーガニック認証を取得しています。

■ 有機JAS(日本)
有機JAS

日本農林水産省による規格で多年生作物は過去3年以上、野菜や米なら過去2年以上、農薬や化学肥料を全く使っていない農地で栽培するなど、日本農林規格(JAS)を満たしたものにのみ付与される証明です。

■ 有機NOP(アメリカ)
有機NOP

NOP(National Organic Program:国家有機プログラム)は、米国農務省(USDA)の定める米国統一のオーガニック基準で、日本農林規格(JAS)に相当します。

USDA有機(オーガニック)認証は世界でもっとも厳しい認証と言われ、全成分の95%~100%が有機栽培からなる原材料で作られた製品に付与されます。
また、原材料および研究室、工場に対する厳しい基準にも合格しなければならない等、数多くの厳格な規則があります。

■ 有機EU(ヨーロッパ)
有機EU

EU有機(オーガニック)認証とは、本当に有機栽培をしているかどうかを第三者の認証機関が、EUの厳しい有機農業規則に従って生産された農産物であることを証明するものです。日本農林規格(JAS)に相当します。

製 造

サジー原料を扱う加工工場は、生産から販売までの過程において、食品安全の国際標準規格「ISO22000」、世界基準の衛生管理システム「HACCP」の認証を取得しています。

■ ISO22000(食品安全管理)
ISO22000

食品関連事業者に関わる組織に対し、安全な食品を生産・流通・販売する為に必要な要求事項を規定した国際標準規格です。

■ HACCP/ハサップ(衛生管理)
HACCP

HACCP(ハサップ:危害分析重要管理点)は、食品を製造する際に安全を確保するための衛生管理システムです。
HACCPは国連の国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機構(WHO)の合同機関である食品規格(Codex)委員会から発表され、各国にその採用を推奨してる国際的に認められた認証です。

安 全

お客様に安心していただけるよう安全を第一に考え、食品衛生法の定めるところによる厳格な検査を定期的に実施しています。

■ 残留農薬検査(日本)
残留農薬検査

農作物や畜水産品および加工食品中に残留する殺虫剤・殺菌剤・除草剤・成長調整剤などを調べる検査です。
キュリラサジーは、すべての項目においてND(農薬不検出)となっております。

■ 放射能検査(日本)
放射能検査

安心してお召し上がりいただけるよう、放射能検査を実施しております。
放射性物質(ヨウ素131・セシウム134・セシウム137)について「不検出」である事を確認し、安全性が確認されています。

■ 清涼飲料水の規格試験(日本)
清涼飲料水の規格試験

キュリラサジーは、食品衛生法が定める清涼飲料水の規格基準試験を行っています。
混濁、沈殿物・異物、ヒ素、鉛、カドミウム、スズの不検出、大腸菌群の陰性が確認されており、安全性を証明しています。

TOPへ戻る