サジーのお話

#01

初めて出会った果物

サジー(シーベリー)は、
広大なユーラシア大陸の中・北部に生息しているグミ科の果物です。
品種もさまざまで、生息地域によって形や色、大きさ、呼び名も異なります。
その歴史は古く、驚くことに
約7千万年前から生息している「太古の植物」と言われています。

フィンランドなどでは古くからジャムや果実酒などに使用され、
食用はもちろん、健康食品や化粧品などにも幅広く使用されています。
またサジーは「果実・果皮・種・オイル・葉・枝」と
使用できる部分は多岐にわたります。

主な生息地は、植物には適さないと言われている「乾燥した砂地」。
寒さにも強く、乾燥と塩分にも強いことから
西欧では海岸、中央アジアでは乾燥地や高山に分布しています。
残念ながら、日本には野生していない植物です。

その生命力の高さの通り、サジーは栄養価の高さでも有名です。
「スーパーフルーツ」とも呼ばれ、今世界中で注目されています。

波線

初めて出会った果物

Coming Soon Coming Soon

Back サジーのお話一覧へ

TOPへ戻る